Tag - ワード

大好評!!脳トレ「速読」

一昨年から週一で通っていただいている歌手の三川ゆりさん。ワード、エクセルや、年賀状そしてご自分の歌謡ショーの案内状などを精力的に学ばれています。今まで4択などのゲーム形式の脳トレをされていましたが、今月から童話を1.5倍や2倍の速度で聴きながら黙読をする「速読」に挑戦されています。「脳トレ」は、その日の講座のウォーミングアップを兼ねて始めの10分から15分程度していただきます。「速読」を経験された方は、どなたも「普段使わない頭の使い方をするので頭がすっきりしてその後の講座が進みます。」「認知症予防になりますね。」とおっしゃていただいています。 12日金曜日の講座の後、三川さんはご自分のFacebookページにも次のようにアップされています。 「午前中『かるちゃーステーション名張』田中先生のパソコン教室に行ってきました!始めてから13カ月!今回脳トレの一環!パソコンを使って童話の速読に挑戦!最初なので1・5倍の速度から始めました!更に高速に挑戦!何倍速まで出来るかなぁ?!パソコン楽しいです( ^o^)」 楽しく続けていただいている三川さん。若さと、健康を保ちながら歌手活動を続けておられる秘訣はパソコンでの脳トレかもしれませんね。

2か月でWindows10入門、Word2016(1)を終了

9月入会のシニアのH様。毎週2回元気に通っていただいています。週2回というペースと、日々の努力の成果で2か月でWindows10入門、Word2016(1)の2冊のテキストを終了されました。すごいペースです。週1回だとその倍以上の5か月ぐらいかかる内容です。 「ワードでいろいろなことができる」と、喜んでおられます。このあと、年賀状、インターネット、そして、カルチャー部門のデコクラフトや草木染めもされたいと意欲満々です。私も毎回元気をいただいています。ありがとうございます。 2か月の間にワードで作られたH様の作品↓ 地図入りの案内や、検診のお知らせ、領収書など実用的なものもすぐにできました↓ ワードの図形機能だけでこんな絵も描けました↓ 草木染め デコクラフト

ワードで作る10月の立体カレンダーとプログラミング無料体験のご案内

午後空き時間ができましたので10月のワードで立体カレンダーを作りました。教室に入ってすぐのくつ箱の上に置きました。 かるちゃーステーション名張では、ワードやエクセルの基本操作はもちろん、このようなペーパークラフトやアルバム作り、その他いろいろな講座やパソコン・スマホ・タブレットでお悩みの皆さんのお役に立てるよう相談にのらせていただきます。 ぜひ一度、お気軽にお問い合わせいただきますようお願いいたします。 ワードで作る立体カレンダー さて、明日は臨時休業とさせていただきますが明後日30日(土)は10月から受講していただくための無料体験会を計画しております。 休業日ですが申し込みは明日18時までお電話で受け付けております。もしつながらなければ、後ほどこちらから折り返しお電話させていただきます。どの時間の体験会もまだ空きがありますのでお問い合わせ、お申し込みをお待ちしております。 【プログラミング・ロボットプログラミング教室無料体験のご案内】 9月30日(土) 13 : 00~14:30 ロボットプログラミング教室無料体験 ※対象小学4年以上※定員4名 15:00~16:30 プログラミング(ゲームコース)教室無料体験 ※対象小学3年以上 ※定員3名 17 : 00~18:30 プログラミング(ゲームコース)教室無料体験 ※対象小学3年以上 ※定員3名 ※プログラミング教室(ゲームコース)のご案内 プログラミングとはコンピューターのプログラムを作ることですが、それだけが目的ではなく、楽しみながら「問題解決能力」、「理論的思考力」、「想像力」 を身につけていくことができます。 ・入会金5400円 月謝6480円 教材、ファイル、メモリー代として別途¥1,080 ※ロボットプログラミング教室のご案内 ゲームコースとの違いは、ロボット(今回は自動車)を組み立てるところから始めるところです。ロボットは命令を与えないと、動かないという説明の後、プログラミングをし思い通り動かないところはどうすればいいか考えながらプログラムを調整していきます。実際にパーツを組み立てていくところも、作るのが好きな子どもさんには楽しくてたまらないところです。 ・本講座は10月7日(土)スタートの第2第4土曜、13時コースもしくは15時コースになります。(定員各3名) ・今回のミッションは「自動車を走らせ車庫に入れる」というものです。 ・入会金5400円 月謝10800円 教材費ロボットキット代40000円

パソコンで作るオリジナル封筒と年賀状ソフトの住所録変換

表題の「パソコンで作るオリジナル封筒」ですが先日、ちょっとしたお礼のお金を渡すのにオリジナルの封筒を作ってお渡ししたところ大変好評でした。100均でもいろいろな封筒が売られていますがオリジナル封筒や便箋はワードのテンプレートにもありますし、ネット上でも利用できそうなものがたくさんあります。皆さんも是非作ってみて下さい。 印刷して切り取ってのり付けするだけでビジネス用封筒もできあがります。 こちらはのり付け無しで、折りたたむだけのハート型です。 広げるとハートになります。 パソコンはご家庭でも、いろいろな場面で活用できます。先日入会のお申し込みをいただき昨日から通われている主婦の方も、「WindowsXPからWindows10にやっと乗り換えたので学びなおしたい。」とおっしゃっていました。Windows10、Word 2016もテキストを使って学ばれます。年賀状ソフトも新しいパソコンを買ったら今までのと違ったと言うことでデータ変換をして今までの住所録を使えるようにさせていただきました。「かるちゃーステーション名張」では、そのようなことにも対応させていただいております。 お困りのことがありましたら是非お問い合わせ下さい。お待ちしております。

ワードで作る立体カレンダー

先日、休業日に雑用をしていますと、ご高齢のご夫婦が来られ「WindowsXPのころ、よく使っていたが最近パソコンを買ったので習い直したい」と言われ説明を聞きたいとのことでした。 ご希望を聞いてみますと、ワードでいろいろしたいこともあり年賀状もパソコンに入っているソフトが以前のものと違うので困っていると言われてました。おいくつになられても、新しいことに挑戦する気持ちが大切だと改めて感じた次第です。是非、入会していただきお手伝いしたいと思っています。 さて、しばらくサボっていましたが「ワードで作る立体カレンダー」9月分を作成しました。 「ワードはできるけど仕事もしていないので、パソコンを使うこともないわ」と言われる方もおられると思いますが、頭の体操(脳トレ)にもなる「ワードで作る立体カレンダー」はいかがですか? 「立体カレンダー」はビデオ教材とテキストを見ながら作ります。人によって違いますが2~4時間で完成します。月4時間コース(¥7560~)で十分できますので、毎月オリジナルの立体カレンダーが楽しめます。 いよいよ「学びの秋」9月です。この機会に「ワードで作る立体カレンダー」はいかがですか? また、月4時間コースあるいは8時間コースの時間の使い方は自由です。他にも「脳トレ」関連の内容は「脳トレ記憶」「脳トレプログラミング」「脳トレ読書」など、豊富に用意しています。パソコンでできることはワード・エクセルだけではありません。シニアの方の趣味や頭の体操(脳トレ)にぴったりの使い方を提案させていただきます。また、時間内ならスマホやタブレットのわからないことも聞いていただけますよ。お問い合わせお待ちしています。

9ヶ月でパソコン基礎、Word,Excelを終了

昨日は、開校当初に入会いただいた方がちょうど9ヶ月でパソコン基礎、Word,Excelを終了をされました。月8時間の標準的なコースですがかなり速いペースだと思います。毎回熱心に取り組まれ、家でも残りをしたりされてた成果だと思います。簡単なアンケートに答えていただいたので、概要を報告させていただきます。 ①動画教材・テキストの難易度について:ちょうど良い ②講師の説明について: ちょうど良い(わかりやすい) ③本教室で学んでいてどうですか。: 自分のペースで進められるのでやりやすい ④その他:「最初は、ワードやエクセルなどが出来るか不安でしたが、毎週通っているうちにいろいろとできるようになり、今では入力も早くなり自信がつきました。」 とのことです。 初心者の方で、もう少しゆっくりのペースでも、1年もあれば入門からワード、エクセルまでこなせるようになると思います。新しい事を始めるのにいい季節になってきました。3月4月からの入会をお待ちしております。 詳しくは「講座内容」をご覧ください。

「自分史活用アドバイザー」として認定

ブログには載せていませんでしたが、先日大阪で受講した「自分史活用アドバイザー」認定講座の結果が届き、アドバイザーとして認定されました。 アドバイザーのカードが届きました こちらは認定書 「自分史」というと、今までの人生をことを文章にしていく「自叙伝」のようなものをイメージしてしまいますが、それはほんの一つの手法であって、いろいろな切り口があります。もちろん自叙伝のように時系列でとらえすべてのことを記録していくのもいいですし、仕事、家族、趣味など、どれかひとつに焦点を当てることもできます。また、文章で表すのか、写真で表すのか、作品で表すのかといったことも考えなければなりません。そもそも、作る目的は何かと言うことも大切です。最近では、紙の本にするのではなく電子書籍にすることもできますし、写真や動画の整理はパソコンを使うなどデジタル化していけば作りやすくもなります。また、自分ですべて書いたり作ったりするのではなくプロに頼む方法もあります。そういったことを、総合的に助言させていただくのがアドバイザーの仕事です。 すでに今までの写真をパソコンで整理されジャンル分けしてアルバムにしている生徒さんがおられますが、これも一つの「自分史」になると思います。 また、「ワードで楽しく自分史作成」という本も出ておりこの本に沿って作っていけばできあがるという手軽な方法もあります。 趣味の記録だけでも「自分史」になります 今後は本教室の講座の一つとして扱っていきたいと思っていますので、興味のある方はぜひ相談にお越しください。お待ちしております。