写真整理

「1枚の自分史」~「自分史出版」、そもそも「自分史」とは?

私は「自分史活用アドバイザー」もしています。そもそも「自分史」とは何でしょう? 「自分史」と聞くと「自叙伝」のような本を思い浮かべる方も多いと思います。 確かに自叙伝もそうなのですが、「自分史」はもっと幅広く表現形式も「フォト自分史」「1枚の自分史」「マップ自分史」など、いろいろ考えられます。「書かない自分史」という図書も出版されています。 また、自分史をつくる「意味」「メリット」「機能」「切り口」など概要をお話しするだけでも何時間もかかります。 そして、必ずしも高齢者が人生を振り返って書くというものでもありません。 50代までの方もそれぞれが自分を振り返り今後の人生を考えるきっかけになるのも「自分史」なのです。 「写真整理アドバイザー」の立場から一例をあげますと、写真整理の中で節目になる写真に言葉を添えていきフォトブックにすると、素晴らしい「フォト自分史」が出来上がります。 いろいろなとらえ方や作成方法がありますがその中から自分に合った方法で、気楽に作っていってもらえるようにアドバイスするのが「自分史活用アドバイザー」です。 教室に来られている生徒さんには写真整理をされている方も多く、まずは旅行や子どもさんのフォトブック作成などもお勧めしています。余裕ができれば「フォト自分史」も作ってみたいと皆さんおっしゃられています。 私のフォト自分史。「鉄道写真館1972年~」 第1巻(中学時代編) 先日、県内のある地域の公的な生涯学習の担当の方から「自分史入門講座」というものをしていただけないかというお問い合わせをいただき、そのようなお話しをさせていただきました。 まだ、本決まりではありませんが、入門ですので「概要」と「1枚の自分史」(1枚の写真とそれにまつわる事柄を文章にしたもの)はどうかなと考えています。 興味のある方は「写真整理」と合わせて「自分史」も考えられてはいかがでしょうか。アドバイスさせていただきます。 そして、「自叙伝」のような本にして関係者に配ってみたいということになれば専門の出版関係の方も紹介させていただきます。自分史制作を扱っている新聞社や大手出版社と比べると個人で全部されていますので、意思疎通もしやすく価格的にも低く設定されています。 自分史制作サービスのWille[ヴィレ]様(代表:豊田政志氏) 各講座生徒募集中です。お問い合わせください。 お問い合わせは こちら

写真整理の時代到来?

先日は午後、お二人のパソコンの生徒さんが来られました。二人とも毎回2時間のうち必ず写真整理をされています。 お一人は、スマホや1眼レフの多くの写真を一旦パソコンに取り込み、フォルダーに分けて整理されています。そして、教室でお預かりしている「おもいでばこ」に入れられます。 スマホから、パソコンへの転送はクラウド経由でされていましたが、過去のものはすべて終わりましたのでスマホの有料契約は解約されました。 現在は、パソコンと、「おもいでばこ」の2か所に写真があるのでひとまず安心です。 もうお一人も、以前から多くの写真をパソコンに取り込んでおられ、年毎のフォルダーの中の写真を整理されていました。最近は先日持って来られたガラケーの写真をパソコンに入れましたので、2010年頃の写真をフォルダーを作って整理されていました。デジタル写真のパソコン上の整理はほぼ片付きましたのでアナログ写真を今後どうされるか、相談していきたいと思っています。 このように最近、教室ではパソコン基本操作やワードなどのソフトのレッスンに加えて写真整理をされる方が増えてきています。 以前は自分のやり方で生徒さんに写真整理の方法をお伝えしていたのですが昨年「上級写真整理アドバイザー」の資格を取り、体系的に生徒さんにお伝えすることができるようになりました。 また、先日は大阪での「写真整理アドバイザー初級研修」(写真整理協会主催)の講師も務めさせていただきました。 〇「写真整理アドバイザー初級研修」は一般の方向けです(所要時間4時間) 紙とデジタル両方の写真の仕分け方法を学び、写真を整理、 ちゃんと見返せるカタチに仕上げることが出来る。 また、そのためのアドバイスをすることが出来る人を目指します。 講師4人が交代で講座を実施しました。スキャナでの取り込みの実演もありました。   今後は、大阪や名張等で「写真整理アドバイザー初級研修」を開催したり、資格まで要らないから「写真整理の大まかなことを知りたい」「プリント写真のデジタル化だけやってみたい」「スマホにたまった写真をどうにかしたい」という要望にも応えるような講座も考えていきたいと思います。 写真整理、研修に興味がある方はお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせは こちら 〇写真整理協会については こちら

ガラケーに1200枚以上の写真が!!

ブログで、ガラケーの写真の取り出し(FOMA編)について書いたところ「しまってあったガラケー(FOMA)に写真があるか見てほしい」というお問い合わせをいただきました。 とりあえずどんな状態か見せていただくと、もちろんバッテリーは空っぽで電源が入りませんでした。幸いFOMA用の充電器はあるので、充電を試みましたがしばらくしてもどのランプもつきませんでした。 充電が開始されればどれかのランプがつくはずです。バッテリーが、だめでも電源をつなげば使えるかと思いそのままにしてその間にマイクロSDカードに気が付きその中に写真がないか調べてみました。 電源ケーブルをつないでも充電も起動しませんでした。 1GBのマイクロSDを発見、依頼者さんはその存在を忘れていたようです。 するとどうでしょう、依頼者さんも入ってるとは思わなかった1240枚もの写真が入っていたのです。2005年から数年間の写真がよみがえりました。今は高校生のお孫さんが赤ちゃんの頃の写真や、両親のお元気そうな写真を見て大変感激され喜んでおられました。もう2度と見られないと思ってあきらめておられたようです。 私も、依頼者さんと14年前の家族との対面に立ち会うことができ役に立ててよかった、改めて写真整理に関わっていこうと思った瞬間でした。 そして、さっそくパソコンに取り込んだ1240枚の写真を年別にフォルダーに分け、それを日付と出来事の名前を付けたフォルダーに分けていただきました。そしてそれが終わると、「台湾旅行の動画が見当たらないが、どこかにあるはず」と言われたのでマイクロSDの他のフォルダーを探しましたが、どこにもありませんでした。 「ひょっとして、動画は本体に保存されているかもしれません。その場合は本体が充電もできないし、電源ケーブルをつないでも起動しないのであきらめましょう。」と一旦お伝えしましたが、私もあきらめきれず、以前ギャラクシーのバッテリーとセットで買った充電器を思い出し、見てみると電圧は3.8Vで使えそうでした。また、+-は自動判別で端子の間隔も変えられる優れものでした。その充電器に恐る恐る、バッテリーをセットしてみました。しかし、何の変化もありません。それでも、何とかしようと付けたり外したりしているうちに、なんと充電が始まりました。10分ほど充電して、ガラケー本体に装着してみるとなんということでしょう!電源が入ったのです。 そして、本体の中を探してみると探していた台湾旅行の動画も10本ほど発見でき再度二人で大喜びでした。 この仕事をしていて良かったとつくづく思いました。依頼者さんはもちろん私も自分のことのように喜びを共有できました。まだ、家には古いガラケーがあるそうで次回また持って来られます。 もう一度、復活の喜びを味わいたいものです。 いろいろなタイプのバッテリーを充電できる汎用充電器 ★お知らせ★ 大阪開催 写真整理アドバイザー初級認定研修  5月20日(月) 12時~16時  ※今回は4名の講師によるスペシャルバージョンです (私も一部担当させていただきます) ご興味のある方は以下をご確認くださいませ。 詳細はココをクリック

ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500

写真整理アドバイザーの田中です。今回、ドキュメントスキャナーScanSnap iX1500というものを導入しました。 主に写真を取り込むために導入しましたが、単票の資料や図書を裁断して電子化することもできます。プリント写真を取り込む方法は、いろいろありますが今まではフラットスキャナやプリンタ複合機で、1枚ずつパソコンを操作して取り込んでいました。 iX1500の一番の魅力は、写真を自動で連続して取り込むことができるという点です。まだ、本日開封して少し試しただけですが、ポケットアルバムに入れてあった数十枚の写真をあっという間に取り込んでくれました。また、初期設定もほとんど不要でスキャナ側はWiFi設定だけ、パソコンにソフトをインストールするだけでした。 操作はタッチパネルで、直観的にわかるようになっています。 本題からそれますが、箱から出して初めに目についたのは本体を包んであるビニールに描かれているリサイクルマークがハングルだったことです。マークの中に「비닐류」と書かれています。「ビニール類」ということですが、韓国製かなと思い調べてみるとmade in Chinaでした。たぶん、何か国かに対応しているんだと思います。 まだまだ、クラウドへの対応など細かい設定をしていませんが、まずは残っている自分の写真の取り込みで使いこなし、「おもいでばこ」へ。今後は写真整理の仕事につかえたらと思っています。

「おもいでばこ(写真用ストレージ)」のバックアップ

このブログでも紹介している写真用ストレージ(写真用テレビ接続ハードディスク)「おもいでばこ」ですが、私個人のは写真・動画が約52000枚入っています。 ハードディスク2台・クラウドにも保存されているのですが、やはり「おもいでばこ」そのもののバックアップがあれば万一の時も復旧が速いと思い「おもいでばこ」のバックアップ用ハードディスクを導入しました。購入したのは「おもいでばこ」とおなじバッファローのポータブルハードディスクHD-PCF2.0U3-GBE。小さく外部電源要らずで便利です。 HD-PCF2.0U3-GBE 接続は「おもいでばこ」背面のバックアップ機器の端子につなぐだけ 「おもいでばこ」と比べてもハードデイスクの小ささがわかります メニューの一番下「バックアップ・復元」を選択 次に「今すぐバックアップ」を選択 バックアップ中は青いライトが点滅し、画面には「バックアップ中です」と表示されます。 終わると「バックアップが完了しました」と表示されます 写真と動画で約52000枚あり、バックアップには10時間ほどかかりました。 10時間ほどかかったので途中心配しましたが無事完了し、一安心です。 実はまだ取り込んでいないプリント写真がかなりあり、ネガから取り込むか、プリントから取り込むか迷ったままになっています。今年中に何とかしたいと思っています。

旅先の入場券も「おもいでばこ」へ!(旅行後のカメラの手入れと写真整理2)

前回は韓国旅行と、旅の写真の整理のお話をさせていただきました。今後は今回の旅行の写真をフォトブックにしておくのもいいですね。 写真整理と保存はできましたが、大事なことが残っています。カメラの手入れです。専門の鉄道写真を撮る時は傘を指してでも撮りますので、水滴がついたりレンズの前についているフィルターが汚れたりもします。今回も、2日目の後半は悪天候でしたが一眼レフでずっと撮っていました。フィルターはクリーナー液や専用のペーパーで拭いていましたがムラになったりしていました。 最近は写真のような「フィルタークリア」という製品で手入れをしています。これはペン型のさきにカーボン粉末がついていて指紋や皮脂汚れまで取ってくれる優れものです。 次はレンズとボディの電気接点の掃除です。新しい間は大丈夫ですが電気が流れるので接点が少しずつ汚れてきます。ファミコンをよくした人ならみんなしたと思いますが、接触が悪くなると口で「フーッ」と、吹きましたね。本当はほこりを取ったぐらいでは良くならないのですが、みんなしていました。 こちらも「接点改質剤」というものを塗ると、カメラの中にいくつかある電気接点を回復させてくれます。レンズだけでなく、バッテリーやSDカードなどの認識が悪くなれば使えます。 機材の手入れが終わると次は入場券やパンフレットなどです。とりあえずクリアファイルなどに入れて保管してありますが、後で見直すことはほとんどありません。プリント写真の時代なら写真と一緒にアルバムに貼る方法もありますが、今はカメラで撮ってデジタル化しパソコンの写真と同じフォルダーに入れていきます。また「おもいでばこ」にも転送し撮影日を旅行の日に合わせると時系列に並んでくれます。 都羅山駅の入場券とスタンプカード 「おもいでばこ」で見る「都羅山駅の入場券とスタンプカード」

韓国から北朝鮮へも行ってきました!(旅行後の写真整理1)

遅い夏休みを取って韓国旅行に行ってきました。皆さんも夏の間に家族旅行や一人旅などをされたのではないでしょうか?今回の韓国旅行は「板門店・DMZツアー」がメインでした。今年は南北会談が板門店で行われた歴史的な年です。以前から行きたかった所へ今年行けたことはとても有意義でした。ツアーも、やはり世界的に有名になったせいかアジアだけでなく欧米人も多く参加しており盛況でした。板門店では境界線を越え数分間ですが北朝鮮領土に入りました。何とも不思議な感覚でした。 今年はニュースで何度も見た「板門店」 2日目の夕食は明洞(ミョンドン)で「参鶏湯(サムゲタン)」 夏はやはりこれに限りますね 旅行の後は、いくつかの整理が待っていると思います。私の場合、特に重要なのは写真整理です。昔だとフィルムを写真屋さんに出して、フィルムを保管して写真をアルバムに貼っておしまいでした。 今はどうでしょう。大量のデジタル写真がありますね。今回撮影した写真は連れ合いのスマホ約80枚、私のスマホ約100枚、そして1眼レフが180枚で合計360枚でした。大量ですね。 2泊3日の旅行でもこんなに撮影します。デジタルならではですね。整理と言ってもとりあえずは1眼レフの写真をSDカードでパソコンに取り込んで、さらに「おもいでばこ」に入れます。そしてスマホからもパソコンに入れます。そしてスマホから「おもいでばこ」へはアプリで転送します。 「おもいでばこ」に「20180827-29 ソウルー板門店」というアルバムを作りました 南北の境界線です 部屋の中の境界線に立つ韓国兵の横で写真を撮りました これで、全ての写真がパソコンと「おもいでばこ」の2か所にありますので一安心です。1眼レフ用のSDカードからも全ての写真を消してカメラの手入れをして終わりです。 これらの作業を午前中に済ませ、昼ご飯の時にさっそく「おもいでばこ」の写真を見ながら連れ合いと旅行を振り返りました。 どうですか、やはりデジタル写真は保存とバックアップが重要ですね。 そして、鑑賞には「おもいでばこ」がお奨めです。

記憶を蘇らせたフォトブック(写真整理その4)

写真整理アドバイザーの田中です。先日できあがった母のフォトブックを昨日プレゼントしに行ってきました。7月が母の誕生日だったので91歳の誕生日プレゼントとして渡せました。母は私が育った大阪の生野区の老人施設に住んでいます。数年前までは、一人暮らしをしていたのですが、ヘルパーさんからの薦めもあって今のところにいます。 そこは食事やいろいろなサービスのある施設で安心していますが、年々昔の記憶が薄れてきていました。今回フォトブックを作ったのも、記憶が保てるようにとの願いがありました。また、最近は訪ねていっても話すことがあまりなかったり時間的に寝ていたりして、すぐ帰ることが多かったのですが昨日は写真を見ながらたくさん話ができました。 フォトブックを手渡したとき初めはあまりピンと来ていなかったようですが、1枚1枚の写真を見ながら私が母から聞いていたことを確かめるように話しかけました。写真がなければ再び話題に出なかったことでしょう。 表紙に選んだ1枚の写真は1945年の敗戦前の写真です。母は学校を卒業後、かの有名な「日本窒素」に就職しています。写真を見てしばらく考えていましたが母の口からは、会社の前の写真ではないようで「ここは日本窒素と違うなあ」と「日本窒素」という言葉が出てきました。そして、私が「そこの会社でどんな仕事していたん」と知らないふりをして聞きました。すると今度はすかさず「タイプ係やんか!」と帰ってきました。うれしかったです。当時、和文タイプのタイピストをしていたのです。思わず拍手をしていました。そして、胸にこみ上げるものが・・・。 写真にこんな効果があったとは驚きです。見せる前はほとんど忘れているだろうなと思っていましたが、違いました。忘れていたのかもしれませんが、写真が記憶をよみがえらせてくれたのです。一つ思い出すと後は堰を切ったように思い出していきました。10年ほど前訪れた母の実家の写真を見たときは、お隣の「○○さん」と名前まで言うことができました。私や私の息子の顔を忘れないようにフォトブックには一緒に写っているものを選びました。大事に何度も見直してくれると記憶が薄れることを防いでくれるかもしれません。 今回選ばなかった写真でさっそく第2弾を作ろうと思っています。もっと早くすればよかったのですが、まだ間に合いました。本当によかったです。母は何度も「うれしいわ。ありがとう。」と言ってくれました。プレゼントなど小学生の時以来の親不孝者の私ですが最高のプレゼントになりました。そして本当にプライスレスです。 会社の同僚や先輩との写真 写真を見ながらたくさん話ができました

母のフォトブック(写真整理その3)

写真整理アドバイザーの田中です。前回、写真整理は棚卸しからということでアルバム、プリント写真、デジタルデータなどの確認をし次はリスト作りというところまでお伝えしました。 実は親の写真も未整理で整理した後91歳の母にフォトブックを作って少しでも記憶を保ってもらおうと思っていましたが、すべての写真を整理するにはそこそこの時間がかかりそうなので急遽母に贈るフォトブックを作ることにしました。 ある会社のフォトブックはネットで手軽に作成でき、値段と納期も魅力です。 そこで母の20歳前から最近の写真を36枚だけ選び文庫本サイズのフォトブックを発注しました。思ったより早く到着し、見てみるとスマホで撮ったものはもちろん古いプリント写真もが結構綺麗に印刷されていて、値段以上のできに満足しています。 今週でも母に届けて、写真を見ながら記憶を呼び戻せるような話ができたらいいなあと思っています。 フォトブックの表紙(1943年頃の写真) (右)母と祖母、兄と従姉妹と私です。母の実家での数少ない写真です 今年の正月、母と息子と私です

「写真整理アドバイザー(上級)」の合格証と「おもいでばこ」

先日受講しました「写真整理アドバイザー(上級)」の合格証と認定証カードが手元に届きました。 上級では実践的なことや、高度な写真加工の方法、そして技能だけでなく写真整理の適切なアドバイスについて学びんできました。今後は、まず自分の古いプリント写真の整理とともに日々増えていく大量のデジタル写真の効率的で安全な管理方法を身に着けていきたいと思っています。 次の話題は「おもいでばこ」です。 先日来お伝えしています「おもいでばこ」を買い換えた45インチのテレビにつないでみました。 「おもいでばこ」の特徴は家族写真を大画面テレビででみんなで見られる事はもちろんですが、私のように鉄道写真をたくさん撮るものにも利点があります。 今まで撮りためた写真を見直すのは自分のホームページを見たりするときぐらいでしたし、写真ファイルだけをパソコンで見たとしても15インチ程度の画面です。ところが、最近買い換えた45インチのテレビで見ると本当に迫力があって毎日懐かしい写真を見ても見飽きません。 私自身鉄道写真を「おもいでばこ」で整理したり見たりすることは想定していなかったのですが、テレビ画面の大きさ次第ですが思わぬ効能に驚いています。「おもいでばこ」は鉄道に限らず趣味で写真を撮っている人には迫力のある写真が楽しめるアイテムである事はまちがいありません。