写真整理

「写真整理しま専科」-写真整理教室-(多分名張初!)

皆さん、プリントやスマホの写真、溜まっていませんか?

ステイホーム期間中にお家の片付けをされた方も多いと思いますが、久しぶりに古いアルバムを開いて肝心の片付けが止まってしまうことはありませんか?

そうなんです!!

仕舞い込んであるアルバムは、たまに開くと部屋の片付けが止まってしまいます。
他のものと違って写真は簡単に捨てられません。また、大切な思い出が詰まっているアルバムをそのまま捨てないでいただきたいと思います。

アルバムがたくさんありすぎて押し入れに眠っている。
未整理のプリント写真もあちこちにある、どうしよう?

スマホも写真がいっぱいでクラウドがどうのとか、動きが悪い、アップデートが出来ない、なんてこともありませんか?
空き容量が無く、新たな写真が撮れないのでとりあえず過去のデータを消して撮っている。
せっかく撮った写真を間違って消してしまい、後悔したことありませんか?

フォトブックを作りたい!
噂の(?)「おもいでばこ」とは!

そんなお悩みをお持ちの方のために「写真整理しま専科」という写真整理教室を開く計画を立てていましたが、コロナの影響で延期になっていました。
そしてこの度、名張市内の「古書からすうり」さんを会場にして開催させていただくことになりました。

今回は初めての試みですので、古いアルバムからデジカメ・PCやスマホの写真まで幅広い内容で「写真の整理と見返す楽しみ方」について、提案させていただきます。

日時:2020年8月9日(日)16:00~17:30
会場:
「古書からすうり」名張市中町363
料金:500円+ワンオーダー
定員:10名(定員になり次第締め切らせていただきます)

ご予約はこちらから。電話でも受け付けております。

写真整理からすうり202008

「ラヂオ塔」を知っていますか?私は知りませんでした。

「ラヂオ塔」というものを知っていますか?なぜ、「ラヂオ塔」かというと・・・。

1940年代と思われる亡き父の古い写真を整理しながら息子と見ていたのですが、私はどこかの工場の門の前だと思っていました。息子が「ラヂオって書いてあるけどその次の字は何かな?」と言い出しました。

息子が結構気にして、ネットであれこれ検索して「ラヂオ塔」と書いてあることがわかりました。

私も調べてみると、『ラジオ塔は、正式には「公衆用ラジオ聴取施設」または「常設公衆受信塔」という、公園などにラジオ付の拡声装置をセットして一般大衆に放送を聞かせるようにした施設である。最初に1930(昭和5)年に大阪、天王寺公園に設置されたものが最初である。』ということです。

要するに街頭ラジオです。街頭テレビは知っていましたが街頭ラジオが存在し、それを設置してあった灯籠のようなものを「ラヂオ塔」と呼んでいたとは、初めて知りました。

「ラヂオ塔」の前でポーズをとる父(右)
P3-3

この頃父は石川県から一族で大阪に出てきており鶴橋に住んでいたので、大阪近辺だと思うのですが場所が特定できません。大阪城公園のものは現存しており写真もあるのですが形が違います。やはり鶴橋の住まいに近かった天王寺公園のものかもしれません。

一緒に写っている人も誰だかわかりません。生きているうちに写真を見ながら聞いておくべきでしたね。
父の兄弟姉妹も誰も生存していませんので聞くことはできませんが、このラジオ塔を目印に場所を見つけてみたいと思います。

何気ない写真だと思うのですが、今頃この頃のことを知りたくなってきました。写真がなければそんな気持ちも起こらなかったかもしれません。息子が「ラヂオ塔」にこだわったおかげですね。

残席2!(鶴橋会場)初級写真整理アドバイザー認定講座受付中!1月20日(月)

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、皆さん初詣に行かれた方も多いと思いますが写真は撮られましたか?

私は例年大阪の四天王寺へ行った後、住吉大社の初詣のためにフル稼働する阪堺電車の上町線という路面電車の写真を撮りに行きます。その電車に乗るのは混んでいて大変なので天王寺駅から歩いて行ける定番の撮影スポット「松虫」停留所へ行きます。

今年は天気も良く、撮影隊も10人程度来ていました。臨時ダイヤで次々とやってくる路面電車の中でも皆さんの狙いは1928年製のモ161型です。その日もその仲間3両の姿を見ることができ、そのほかの電車も写していると結局300枚を超える枚数でした。
06 IMG_7910

06 IMG_7820

基本的にはその日のうちに1眼レフカメラやスマホの写真はパソコンへ入れて、そのあと「おもいでばこ」という写真(保存・観賞用)ストレージに入れます。皆さんはどうされていますか?

そして、家にある大量のアルバム、どうしよう?
家族の写真もプリントのまま。デジカメ、ガラケー、スマホの写真も・・・・。

写真整理、しようと思いながらそのままになっていませんか?
「プリント写真をアルバムに貼らなければ」と思っているなら、ちょっと待って下さい!

かさばるアルバムより、デジタル化という方法もあります。
アナログ写真、デジタル写真を集約し、楽しむ方法を知りたくありませんか?

写真整理協会の初級写真整理アドバイザー認定講座は、そんな写真での困りごとを解決したりそれを他の人にアドバイスする知識が身に付きます。

昨年は計3回、大阪鶴橋会場で初級写真整理アドバイザー認定講座を開催させていただきそれぞれ3~4名の方に受講いただきました。次回は2020年1月20日に開催させていただきます。現在残席2名となっております。お申し込みはお早い目にお願いします。

申し込みはこちら

今回も鶴橋での開催になりますが、希望により名張百合が丘教室、その他での開催も随時行います。(名張以外は原則2名以上。お問い合わせください)

昨年の初級写真整理アドバイザー認定講座(大阪鶴橋会場)
P9200006b

研修日程、会場とお申し込みについて
日時:2020年1月20日(月)11:00~15:50終了予定
会場:Ksp理数学院http://ksproj.com/KSPgakuin/
   (大阪市東成区東小橋3-1-15 NKBビル3F JR・近鉄・地下鉄「鶴橋」駅から徒歩5分)
申し込みはこちら

スキャナーでの写真の取り込み方を学びます。
IMG_3273

フォトブックも
IMG_4661

整理した写真をテレビの大画面で見返す「おもいでばこ

IMG_2840

「おもいでばこ」の画面
IMG_5425

45インチテレビだと迫力のある写真が見られます!
IMG_5424

「写真整理アドバイザー初級認定研修」とは?
紙とデジタル両方の写真の仕分け方法を学び、相手の状況や思いをきちんとヒアリングしながら、写真整理のアドバイスができる人のことを「初級アドバイザー」と言います。 「家にあるたくさんのアルバムをデジタル化したい」、「毎日子どもの様子を撮っているスマホの写真を、どうやったら残せるのか知りたい」、「困っている方に、その人に合った解決策を教えてあげたい」という方のための資格です。

【研修費】15,000 円(税別)
< 内訳 >
■ 研修費用(含 受験料)10,000 円(税別)
■ 研修テキスト代 2,000 円(税別)
■ 登録料 3,000 円/年(税別) ※2 年目より更新料(年)3,000 円(税別)がかかります。
申し込みはこちら

写真整理協会についてはココをクリック

「1枚の自分史」~「自分史出版」、そもそも「自分史」とは?

私は「自分史活用アドバイザー」もしています。そもそも「自分史」とは何でしょう?

「自分史」と聞くと「自叙伝」のような本を思い浮かべる方も多いと思います。

確かに自叙伝もそうなのですが、「自分史」はもっと幅広く表現形式も「フォト自分史」「1枚の自分史」「マップ自分史」など、いろいろ考えられます。「書かない自分史」という図書も出版されています。
IMG_201910281936091

IMG_201910281936090

また、自分史をつくる「意味」「メリット」「機能」「切り口」など概要をお話しするだけでも何時間もかかります。

そして、必ずしも高齢者が人生を振り返って書くというものでもありません。
50代までの方もそれぞれが自分を振り返り今後の人生を考えるきっかけになるのも「自分史」なのです。

「写真整理アドバイザー」の立場から一例をあげますと、写真整理の中で節目になる写真に言葉を添えていきフォトブックにすると、素晴らしい「フォト自分史」が出来上がります。

いろいろなとらえ方や作成方法がありますがその中から自分に合った方法で、気楽に作っていってもらえるようにアドバイスするのが「自分史活用アドバイザー」です。

教室に来られている生徒さんには写真整理をされている方も多く、まずは旅行や子どもさんのフォトブック作成などもお勧めしています。余裕ができれば「フォト自分史」も作ってみたいと皆さんおっしゃられています。

私のフォト自分史。「鉄道写真館1972年~」 第1巻(中学時代編)
IMG_4660
IMG_4661

先日、県内のある地域の公的な生涯学習の担当の方から「自分史入門講座」というものをしていただけないかというお問い合わせをいただき、そのようなお話しをさせていただきました。

まだ、本決まりではありませんが、入門ですので「概要」と「1枚の自分史」(1枚の写真とそれにまつわる事柄を文章にしたもの)はどうかなと考えています。

興味のある方は「写真整理」と合わせて「自分史」も考えられてはいかがでしょうか。アドバイスさせていただきます。

そして、「自叙伝」のような本にして関係者に配ってみたいということになれば専門の出版関係の方も紹介させていただきます。自分史制作を扱っている新聞社や大手出版社と比べると個人で全部されていますので、意思疎通もしやすく価格的にも低く設定されています。

自分史制作サービスのWille[ヴィレ]様(代表:豊田政志氏)
20191028-190603

各講座生徒募集中です。お問い合わせください。
お問い合わせは こちら

写真整理の時代到来?

先日は午後、お二人のパソコンの生徒さんが来られました。二人とも毎回2時間のうち必ず写真整理をされています。

お一人は、スマホや1眼レフの多くの写真を一旦パソコンに取り込み、フォルダーに分けて整理されています。そして、教室でお預かりしている「おもいでばこ」に入れられます。

スマホから、パソコンへの転送はクラウド経由でされていましたが、過去のものはすべて終わりましたのでスマホの有料契約は解約されました。

現在は、パソコンと、「おもいでばこ」の2か所に写真があるのでひとまず安心です。
IMG_3686

もうお一人も、以前から多くの写真をパソコンに取り込んでおられ、年毎のフォルダーの中の写真を整理されていました。最近は先日持って来られたガラケーの写真をパソコンに入れましたので、2010年頃の写真をフォルダーを作って整理されていました。デジタル写真のパソコン上の整理はほぼ片付きましたのでアナログ写真を今後どうされるか、相談していきたいと思っています。

IMG_3687

このように最近、教室ではパソコン基本操作やワードなどのソフトのレッスンに加えて写真整理をされる方が増えてきています。

以前は自分のやり方で生徒さんに写真整理の方法をお伝えしていたのですが昨年「上級写真整理アドバイザー」の資格を取り、体系的に生徒さんにお伝えすることができるようになりました。

また、先日は大阪での「写真整理アドバイザー初級研修」(写真整理協会主催)の講師も務めさせていただきました。

60967597_1062064900652190_7279328323807739904_n

〇「写真整理アドバイザー初級研修」は一般の方向けです(所要時間4時間)
紙とデジタル両方の写真の仕分け方法を学び、写真を整理、
ちゃんと見返せるカタチに仕上げることが出来る。
また、そのためのアドバイスをすることが出来る人を目指します。

講師4人が交代で講座を実施しました。スキャナでの取り込みの実演もありました。

IMG_5052

 

今後は、大阪や名張等で「写真整理アドバイザー初級研修」を開催したり、資格まで要らないから「写真整理の大まかなことを知りたい」「プリント写真のデジタル化だけやってみたい」「スマホにたまった写真をどうにかしたい」という要望にも応えるような講座も考えていきたいと思います。

写真整理、研修に興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは こちら

〇写真整理協会については こちら

ガラケーに1200枚以上の写真が!!

ブログで、ガラケーの写真の取り出し(FOMA編)について書いたところ「しまってあったガラケー(FOMA)に写真があるか見てほしい」というお問い合わせをいただきました。

とりあえずどんな状態か見せていただくと、もちろんバッテリーは空っぽで電源が入りませんでした。幸いFOMA用の充電器はあるので、充電を試みましたがしばらくしてもどのランプもつきませんでした。

充電が開始されればどれかのランプがつくはずです。バッテリーが、だめでも電源をつなげば使えるかと思いそのままにしてその間にマイクロSDカードに気が付きその中に写真がないか調べてみました。

電源ケーブルをつないでも充電も起動しませんでした。
IMG_3385

1GBのマイクロSDを発見、依頼者さんはその存在を忘れていたようです。
IMG_3386

するとどうでしょう、依頼者さんも入ってるとは思わなかった1240枚もの写真が入っていたのです。2005年から数年間の写真がよみがえりました。今は高校生のお孫さんが赤ちゃんの頃の写真や、両親のお元気そうな写真を見て大変感激され喜んでおられました。もう2度と見られないと思ってあきらめておられたようです。

私も、依頼者さんと14年前の家族との対面に立ち会うことができ役に立ててよかった、改めて写真整理に関わっていこうと思った瞬間でした。

PC画面

そして、さっそくパソコンに取り込んだ1240枚の写真を年別にフォルダーに分け、それを日付と出来事の名前を付けたフォルダーに分けていただきました。そしてそれが終わると、「台湾旅行の動画が見当たらないが、どこかにあるはず」と言われたのでマイクロSDの他のフォルダーを探しましたが、どこにもありませんでした。

「ひょっとして、動画は本体に保存されているかもしれません。その場合は本体が充電もできないし、電源ケーブルをつないでも起動しないのであきらめましょう。」と一旦お伝えしましたが、私もあきらめきれず、以前ギャラクシーのバッテリーとセットで買った充電器を思い出し、見てみると電圧は3.8Vで使えそうでした。また、+-は自動判別で端子の間隔も変えられる優れものでした。その充電器に恐る恐る、バッテリーをセットしてみました。しかし、何の変化もありません。それでも、何とかしようと付けたり外したりしているうちに、なんと充電が始まりました。10分ほど充電して、ガラケー本体に装着してみるとなんということでしょう!電源が入ったのです。

そして、本体の中を探してみると探していた台湾旅行の動画も10本ほど発見でき再度二人で大喜びでした。

この仕事をしていて良かったとつくづく思いました。依頼者さんはもちろん私も自分のことのように喜びを共有できました。まだ、家には古いガラケーがあるそうで次回また持って来られます。
もう一度、復活の喜びを味わいたいものです。

いろいろなタイプのバッテリーを充電できる汎用充電器
IMG_3387

お知らせ

大阪開催 写真整理アドバイザー初級認定研修 

5月20日(月) 12時~16時 

※今回は4名の講師によるスペシャルバージョンです

(私も一部担当させていただきます)

ご興味のある方は以下をご確認くださいませ。

詳細はココをクリック

ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500

写真整理アドバイザーの田中です。今回、ドキュメントスキャナーScanSnap iX1500というものを導入しました。

主に写真を取り込むために導入しましたが、単票の資料や図書を裁断して電子化することもできます。プリント写真を取り込む方法は、いろいろありますが今まではフラットスキャナやプリンタ複合機で、1枚ずつパソコンを操作して取り込んでいました。

iX1500の一番の魅力は、写真を自動で連続して取り込むことができるという点です。まだ、本日開封して少し試しただけですが、ポケットアルバムに入れてあった数十枚の写真をあっという間に取り込んでくれました。また、初期設定もほとんど不要でスキャナ側はWiFi設定だけ、パソコンにソフトをインストールするだけでした。

操作はタッチパネルで、直観的にわかるようになっています。
IMG_3273

本題からそれますが、箱から出して初めに目についたのは本体を包んであるビニールに描かれているリサイクルマークがハングルだったことです。マークの中に「비닐류」と書かれています。「ビニール類」ということですが、韓国製かなと思い調べてみるとmade in Chinaでした。たぶん、何か国かに対応しているんだと思います。
IMG_3272

まだまだ、クラウドへの対応など細かい設定をしていませんが、まずは残っている自分の写真の取り込みで使いこなし、「おもいでばこ」へ。今後は写真整理の仕事につかえたらと思っています。

「おもいでばこ(写真用ストレージ)」のバックアップ

このブログでも紹介している写真用ストレージ(写真用テレビ接続ハードディスク)「おもいでばこ」ですが、私個人のは写真・動画が約52000枚入っています。

ハードディスク2台・クラウドにも保存されているのですが、やはり「おもいでばこ」そのもののバックアップがあれば万一の時も復旧が速いと思い「おもいでばこ」のバックアップ用ハードディスクを導入しました。購入したのは「おもいでばこ」とおなじバッファローのポータブルハードディスクHD-PCF2.0U3-GBE。小さく外部電源要らずで便利です。

HD-PCF2.0U3-GBE
IMG_2831

接続は「おもいでばこ」背面のバックアップ機器の端子につなぐだけ
IMG_2832

「おもいでばこ」と比べてもハードデイスクの小ささがわかります
IMG_2833

メニューの一番下「バックアップ・復元」を選択
IMG_2835

次に「今すぐバックアップ」を選択
IMG_2837

バックアップ中は青いライトが点滅し、画面には「バックアップ中です」と表示されます。
IMG_2840
IMG_2842

終わると「バックアップが完了しました」と表示されます
IMG_2844

写真と動画で約52000枚あり、バックアップには10時間ほどかかりました。
IMG_2845

10時間ほどかかったので途中心配しましたが無事完了し、一安心です。
実はまだ取り込んでいないプリント写真がかなりあり、ネガから取り込むか、プリントから取り込むか迷ったままになっています。今年中に何とかしたいと思っています。

旅先の入場券も「おもいでばこ」へ!(旅行後のカメラの手入れと写真整理2)

前回は韓国旅行と、旅の写真の整理のお話をさせていただきました。今後は今回の旅行の写真をフォトブックにしておくのもいいですね。

写真整理と保存はできましたが、大事なことが残っています。カメラの手入れです。専門の鉄道写真を撮る時は傘を指してでも撮りますので、水滴がついたりレンズの前についているフィルターが汚れたりもします。今回も、2日目の後半は悪天候でしたが一眼レフでずっと撮っていました。フィルターはクリーナー液や専用のペーパーで拭いていましたがムラになったりしていました。

最近は写真のような「フィルタークリア」という製品で手入れをしています。これはペン型のさきにカーボン粉末がついていて指紋や皮脂汚れまで取ってくれる優れものです。
IMG_1762

次はレンズとボディの電気接点の掃除です。新しい間は大丈夫ですが電気が流れるので接点が少しずつ汚れてきます。ファミコンをよくした人ならみんなしたと思いますが、接触が悪くなると口で「フーッ」と、吹きましたね。本当はほこりを取ったぐらいでは良くならないのですが、みんなしていました。

こちらも「接点改質剤」というものを塗ると、カメラの中にいくつかある電気接点を回復させてくれます。レンズだけでなく、バッテリーやSDカードなどの認識が悪くなれば使えます。
IMG_1760

機材の手入れが終わると次は入場券やパンフレットなどです。とりあえずクリアファイルなどに入れて保管してありますが、後で見直すことはほとんどありません。プリント写真の時代なら写真と一緒にアルバムに貼る方法もありますが、今はカメラで撮ってデジタル化しパソコンの写真と同じフォルダーに入れていきます。また「おもいでばこ」にも転送し撮影日を旅行の日に合わせると時系列に並んでくれます。

都羅山駅の入場券とスタンプカード
IMG_1763

おもいでばこ」で見る「都羅山駅の入場券とスタンプカード」
IMG_1769

韓国から北朝鮮へも行ってきました!(旅行後の写真整理1)

遅い夏休みを取って韓国旅行に行ってきました。皆さんも夏の間に家族旅行や一人旅などをされたのではないでしょうか?今回の韓国旅行は「板門店・DMZツアー」がメインでした。今年は南北会談が板門店で行われた歴史的な年です。以前から行きたかった所へ今年行けたことはとても有意義でした。ツアーも、やはり世界的に有名になったせいかアジアだけでなく欧米人も多く参加しており盛況でした。板門店では境界線を越え数分間ですが北朝鮮領土に入りました。何とも不思議な感覚でした。

今年はニュースで何度も見た「板門店」
img_1627

2日目の夕食は明洞(ミョンドン)で「参鶏湯(サムゲタン)」
夏はやはりこれに限りますね

img_1648

旅行の後は、いくつかの整理が待っていると思います。私の場合、特に重要なのは写真整理です。昔だとフィルムを写真屋さんに出して、フィルムを保管して写真をアルバムに貼っておしまいでした。

今はどうでしょう。大量のデジタル写真がありますね。今回撮影した写真は連れ合いのスマホ約80枚、私のスマホ約100枚、そして1眼レフが180枚で合計360枚でした。大量ですね。

2泊3日の旅行でもこんなに撮影します。デジタルならではですね。整理と言ってもとりあえずは1眼レフの写真をSDカードでパソコンに取り込んで、さらに「おもいでばこ」に入れます。そしてスマホからもパソコンに入れます。そしてスマホから「おもいでばこ」へはアプリで転送します。

「おもいでばこ」に「20180827-29 ソウルー板門店」というアルバムを作りました
IMG_1737

南北の境界線です
IMG_1740

部屋の中の境界線に立つ韓国兵の横で写真を撮りました
IMG_1738

これで、全ての写真がパソコンと「おもいでばこ」の2か所にありますので一安心です。1眼レフ用のSDカードからも全ての写真を消してカメラの手入れをして終わりです。

これらの作業を午前中に済ませ、昼ご飯の時にさっそく「おもいでばこ」の写真を見ながら連れ合いと旅行を振り返りました。

どうですか、やはりデジタル写真は保存とバックアップが重要ですね。
そして、鑑賞には「おもいでばこ」がお奨めです。