Monthly Archives - 9月 2019

ズームレンズのお話

カメラに詳しい方は、ご存知だと思いますがズームレンズの望遠と広角では単に物が大きくなるだけではありません。下の2枚の近鉄「しまかぜ」をご覧ください。本日、京都からくる「しまかぜ」と大阪からくる「しまかぜ」を同じ場所から撮ったものです。上が望遠、下が広角です。 違いは見てもらったらわかりますが、大きさが違うだけでなく望遠の方は6両編成の後ろの方も引き寄せられ前後が縮まって見えますね。広角の方は遠近感が出ています。 ではスマホのズームではどうでしょうか?光学ズームではなく、デジタルズームになりますので下のように単に画像が拡大されるだけです。 スマホでも光学ズームのついたものがありますが、やはり本格的な写真撮影には1眼レフが必要になってくると思います。最近はミラーレス1眼も高機能になってきていますので選択肢が増えました。 写真整理協会の写真整理アドバイザー初級認定講習や写真整理セミナーでは特にデジタルカメラ、スマホでは撮影から写真整理が始まっているという捉え方をしていますので、カメラのお話もさせていただきます。 9月20日に大阪鶴橋の会場で初級写真整理アドバイザー認定講座を開催させていただき3名の方に受講いただきました。次回は11月18日に開催させていただく予定です。今回も鶴橋での開催になりますが、興味のある方はぜひご参加下さい。また希望により名張、その他での開催も随時行います。(名張以外は原則3名以上。お問い合わせください) 9月の初級写真整理アドバイザー認定講座(大阪鶴橋会場) 研修日程、会場とお申し込みについて 日時:2019年11月18日(月)10:00~15:00予定 会場:Ksp理数学院http://ksproj.com/KSPgakuin/    (大阪市東成区東小橋3-1-15 NKBビル3F JR・近鉄・地下鉄「鶴橋」駅から徒歩5分) 申し込み開始は後日になる予定です。 シ-トフィードスキャナーIX-1500などでの写真の取り込み方を学びます。 フォトブック作りも 整理した写真をテレビの大画面で見返す「おもいでばこ」 「写真整理アドバイザー初級認定研修」とは? 紙とデジタル両方の写真の仕分け方法を学び、相手の状況や思いをきちんとヒアリングしながら、写真整理のアドバイスができる人のことを「初級アドバイザー」と言います。 「家にあるたくさんのアルバムをデジタル化したい」、「毎日子どもの様子を撮っているスマホの写真を、どうやったら残せるのか知りたい」、「困っている方に、その人に合った解決策を教えてあげたい」という方のための資格です。 【研修費】15,000 円(税別) < 内訳 > ■ 研修費用(含 受験料)10,000 円(税別) ■ 研修テキスト代 2,000 円 ■ 登録料 3,000 円/年(税別) ※2 年目より更新料(年)3,000 円(税別)がかかります。 さらに詳しくはココをクリック