Monthly Archives - 4月 2019

ガラケーに1200枚以上の写真が!!

ブログで、ガラケーの写真の取り出し(FOMA編)について書いたところ「しまってあったガラケー(FOMA)に写真があるか見てほしい」というお問い合わせをいただきました。 とりあえずどんな状態か見せていただくと、もちろんバッテリーは空っぽで電源が入りませんでした。幸いFOMA用の充電器はあるので、充電を試みましたがしばらくしてもどのランプもつきませんでした。 充電が開始されればどれかのランプがつくはずです。バッテリーが、だめでも電源をつなげば使えるかと思いそのままにしてその間にマイクロSDカードに気が付きその中に写真がないか調べてみました。 電源ケーブルをつないでも充電も起動しませんでした。 1GBのマイクロSDを発見、依頼者さんはその存在を忘れていたようです。 するとどうでしょう、依頼者さんも入ってるとは思わなかった1240枚もの写真が入っていたのです。2005年から数年間の写真がよみがえりました。今は高校生のお孫さんが赤ちゃんの頃の写真や、両親のお元気そうな写真を見て大変感激され喜んでおられました。もう2度と見られないと思ってあきらめておられたようです。 私も、依頼者さんと14年前の家族との対面に立ち会うことができ役に立ててよかった、改めて写真整理に関わっていこうと思った瞬間でした。 そして、さっそくパソコンに取り込んだ1240枚の写真を年別にフォルダーに分け、それを日付と出来事の名前を付けたフォルダーに分けていただきました。そしてそれが終わると、「台湾旅行の動画が見当たらないが、どこかにあるはず」と言われたのでマイクロSDの他のフォルダーを探しましたが、どこにもありませんでした。 「ひょっとして、動画は本体に保存されているかもしれません。その場合は本体が充電もできないし、電源ケーブルをつないでも起動しないのであきらめましょう。」と一旦お伝えしましたが、私もあきらめきれず、以前ギャラクシーのバッテリーとセットで買った充電器を思い出し、見てみると電圧は3.8Vで使えそうでした。また、+-は自動判別で端子の間隔も変えられる優れものでした。その充電器に恐る恐る、バッテリーをセットしてみました。しかし、何の変化もありません。それでも、何とかしようと付けたり外したりしているうちに、なんと充電が始まりました。10分ほど充電して、ガラケー本体に装着してみるとなんということでしょう!電源が入ったのです。 そして、本体の中を探してみると探していた台湾旅行の動画も10本ほど発見でき再度二人で大喜びでした。 この仕事をしていて良かったとつくづく思いました。依頼者さんはもちろん私も自分のことのように喜びを共有できました。まだ、家には古いガラケーがあるそうで次回また持って来られます。 もう一度、復活の喜びを味わいたいものです。 いろいろなタイプのバッテリーを充電できる汎用充電器 ★お知らせ★ 大阪開催 写真整理アドバイザー初級認定研修  5月20日(月) 12時~16時  ※今回は4名の講師によるスペシャルバージョンです (私も一部担当させていただきます) ご興味のある方は以下をご確認くださいませ。 詳細はココをクリック

ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500

写真整理アドバイザーの田中です。今回、ドキュメントスキャナーScanSnap iX1500というものを導入しました。 主に写真を取り込むために導入しましたが、単票の資料や図書を裁断して電子化することもできます。プリント写真を取り込む方法は、いろいろありますが今まではフラットスキャナやプリンタ複合機で、1枚ずつパソコンを操作して取り込んでいました。 iX1500の一番の魅力は、写真を自動で連続して取り込むことができるという点です。まだ、本日開封して少し試しただけですが、ポケットアルバムに入れてあった数十枚の写真をあっという間に取り込んでくれました。また、初期設定もほとんど不要でスキャナ側はWiFi設定だけ、パソコンにソフトをインストールするだけでした。 操作はタッチパネルで、直観的にわかるようになっています。 本題からそれますが、箱から出して初めに目についたのは本体を包んであるビニールに描かれているリサイクルマークがハングルだったことです。マークの中に「비닐류」と書かれています。「ビニール類」ということですが、韓国製かなと思い調べてみるとmade in Chinaでした。たぶん、何か国かに対応しているんだと思います。 まだまだ、クラウドへの対応など細かい設定をしていませんが、まずは残っている自分の写真の取り込みで使いこなし、「おもいでばこ」へ。今後は写真整理の仕事につかえたらと思っています。